トラウマケア・ゲシュタルトセラピー2~「今・ここ」の気づきとは?未完了を完了させる3つのスキルとは?~


こんにちは

ワタシ開花カウンセラー

リーラ ミキ です。




田中千恵子さん主催の4回連続セミナー

渡辺トヨ子さんの「トラウマケア・ゲシュタルトセラピー」

終わってしまった~、、寂しい、、

最終日、残っていたメンバーで記念写真♫ 




毎回、思わぬトラウマの気づきに溢れ、

「トラウマは誰もがもっているもの」

そして

「トラウマを抱えている人は、トラウマを抱えていることに気づいていない」

このふたつの言葉の意味を、深く深く身をもって実感しました。


私は、私の身体は、自分が思っている以上にトラウマを抱えていました。


その事実に気づけてよかった。



4回のセミナーを終えた今、

ホッと安堵しリラックスしている自分

トラウマに気づき、感じ、放出し、楽になっている自分

トラウマに気づいてもらえて、身体全体で喜んでいる自分

そして、自分に「ありがとう」でいっぱいの自分、に、

気づいています✨



千恵子さんと♡
トヨ子さんと♡



4回のうち3回はzoom参加となり、最終日にしてようやくリアルでおふたりにお会いすることができました。


「71歳にして今が一番幸せ~♡」って惚気ながら笑う千恵子さんが本当に可愛らしくて、最終日でもおっしゃっていて^^
こんな風に歳を重ねていきたいなぁ~幸せって際限なくあるんだなぁ~って思いました。

「今この幸せがあるのはゲシュタルトに出逢ったからです」とハッキリとおっしゃっていて、
今まさにそのゲシュタルトに出逢っている私は、この先さらなる幸せを感じてしまうのだなぁ(*’ω’*)とワクワクしました✨

千恵子さんは「トヨ子さんみたいになりたくて、トヨ子さんが憧れ」と、今も尚、学びと成長の立ち位置にいらっしゃる人。

そして私たちに対しても「共に学び成長していきましょう」と声をかけ、共に並んで今ココにいてくれる人。

その姿勢に感動するし深く共鳴する。





トヨ子さんは毎回チェックインで「今、私は緊張しています」と、何とも可愛らしい笑顔でおっしゃるチャーミングな人。もう、とにかくかわいい(#^^#)

千恵子さんもそうだし、ゲシュタルトやってると、ずっと若々しく、可愛くあれちゃうのかも??とマジで思ってるw

今ここの自分の感覚を素直に表現されるトヨ子さんにふれていると、

「それを感じている自分でいいんだなぁ」

「そう思ってる自分を表現していいんだなぁ」

「そんな自分で今ここにいていいんだなぁ」って、

心身、表情が、ふっとゆるみ、ふんわりとした優しさに包まれた感覚になる。

なんか、、綿菓子みたいな人♡(今ふと思いついたフレーズw)


ももちゃんに出逢った時と同じ感覚になった。

こんな人がいるんだ~!

こうなりたい!こんなふうになりたい!と、

身体の振動と共に反応する人にまた出逢ってしまった。


私の感覚では、

ももちゃんは、父性のエネルギー(男性性的)

トヨ子さんは、母性のエネルギー(女性性的)

を感じていて、

おふたりのエネルギーにふれ、全身で浴び、体験し、感じ、必要な気づきと出逢っていくことで、

私という人間がさらに成長し、さらなる自己統合がなされていくように感じている。


おふたりに今ここで出逢えたことは、間違いなく、天から与えられた大きなギフト✨


この出逢いを大切にし、私の人生に活かしていきたいと思う。





今回も、前回に引き続き、私の感覚にヒットしたこと、感じたこと、気づいたこと等を備忘録的に綴っておこうと思う。


【7月】~「今・ここ」の気づきとは~


気づきとは、ゲシュタルト療法の基本的概念のひとつ。

今ここで体感していること。

知的な理解ではなく、今ここで起きている感情、感覚をありのままに体験すること。


「今ここにいなければ、気づきは起こらない」

徹底して、今ここに居続けること。


そのためには、

「今どんなことに気づいているか?」

意識をして、意識を向けて、気づいていくこと。

これは継続的なレッスンが必要。



山登りのシェアが面白かった。

今ここで山登りをしたら、ものすごく苦しくてしんどくて、今まではいろいろな思い込みの中で山登りをしていたんだ!と気づいたというシェア。

今ここを苦しいと感じ「助けて」を言えた。初めて人に助けを求めることができた、と。

今までは「苦しい」と気づかずに、「苦しくない」と思い込み、思い込ませ生きていたんだ、ということに気づいたと。

これはとても興味深く、深いシェアだなぁと思いました。

同じような人、同じように生きている人、たくさんいるんじゃないかなぁ。


今ここを生きるとは、「ホントウ」に気づくこと。



**



パールズは、こう例えています。


気づき=リトル悟り



過去・今・未来

「今ここ、あなたはどこを生きていますか?」



常に、今ここに立ち還ること。


今ここの私を、ありのままに、そのままに、感じること。


徹底的に気づき、今ここの自分を大切にすること。


そのためにも「妄想している」ことに気づくことが大事。


どこからが現実で、どこからが妄想か、認識すること。


私たちは油断するとすぐ、今の数ミリ先の未来を想像してしまうから。



**



不快感・怒りは、出さないといけない。


それらを飲み込む習慣ができてしまうと、それがパターン化してしまい、トラウマになったり人間関係がもてなかったり、、そしてそれらがあることにも気づけなくなってしまう。

不快感・怒りは、ホメオスターシスの反応。とても大切なもの。

その反応、気づきは、真実の欲求、本能

それを採用しなかったら、しなかったなりのことが起こる。


嫌なら「もう嫌!!」って表現することが大事!

「あの人嫌い!」ってひとりでブツブツ言ったらいい!(^^)!


「ホメオスターシスが働いている間は生きていられる」

その反応、気づきごと、自分の身体に「ありがとう」という意識を向けて生きるといい。



**



神経症、心身症、あらゆる精神的な様々な症状は、無意識のうちに選択した行為の結果であり、それなりの目的を果たしている。


人間は今この瞬間、自分にとって一番必要なことをしている


それがたとえ、苦しいことであったとしても。



〇トラウマセラピーワークでは、「リソースがあれば、人は今ここの自分で生きられる」ということを体感であらためて知ることができた。

まさに今の私が、今ここの私を生きられるようになったのは、私の真ん中にリソースが宿ったから、なので、

それを、より納得と説得力をもってお伝えできるなぁ~と嬉しく心強く感じた。


zoom参加の時に撮ったお写真♡




【8月】~未完了を完了させる3つのスキルとは?~


自分が探しているものは、自分の中にある。

身体の声をきいていけば、気づける。

身体はこたえてくれる。

それは、自分の中にある。


**


私の世界と、あなたの世界は違う。

ひとりひとり、違う。

だからこそ素晴らしい。


**


「家族の平和」とは。

家族は、ひとつの輪だけど、

ひとりひとり、自分の向きたい方向を向いて生きていること。

そして、何かあった時、相手の方へ振り向いて、手を差し出すこと。

by、ポーラ


**


〈トラウマを完了させる3つの要素〉

〇今ここ
〇身体感覚
〇リソース
  ↓
安心安全の場



・生きるための気づきは「今」に気づいていること。

過去、未来に生きていると危険に気づかない。


・人は出逢った瞬間に、ふっと感じる(本能的。理由を越えた感覚)
 →フェルトセンス・・情緒的ではなく、一瞬の感覚。

感覚は絶えず生きている、動いている。
感覚が感覚を生む、生んでいく。

身体感覚を訪ねていくと、答えがみつかる。


・怖い体験をした人はフリーズして、解離して、無気力になって(茹ですぎたうどんw)、、爬虫類脳が働かない。だから、リソースを準備する。

トラウマをもっている人は、世界が怖い。だからリソースをもたせる。

リソースはいつかみつかる。無理につくらなくてもいい。

セラピスト、場が、リソースと成り得る。


**


風船を飛ばそう!のワークは、やばかった。

この日、黒の洋服を着ようとしたのに、急遽、青にしたワケがわかった。

私がイメージしたのが、まさに青の風船だったのだ。



その風船がたどり着いた先は、、、、(長くなるから割愛w)

とにかく泣きました、、(シェアも泣きながらするという展開w)


受け取ったメッセージは、

「私は何があっても大丈夫」

「私はみんなに護られている」

「好きなように生きたらいい」

そして

「答えは、私の中にある」



何気なく着た洋服も、必然なんですね。

そして向日葵のTシャツを着たのにも意味がありました。

やはりすべてに意味があり、私はすべてを知っている。


**


〈念願の!初トヨ子さんトラウマワークを体験!!〉

じゃんけんに勝ち、初体験のトヨ子さんのワーク。

緊張MAX、ドキドキMAXでトヨ子さんの前に座っていると、トヨ子さんはそんな私を和ます声掛けをしてくれて、

「話せるようになったら話してね」と、私の緊張が落ち着くまで、にこやかに待っていてくれました。

その穏やかなトヨ子さんの存在に、段々と緊張は溶けていき、私は安心して話をし始めました。


この日、私がワークにあげたテーマ↓

「ものすごく幸せを感じて、こんなに幸せでいいのかなって感じると、ふと、この幸せは続かない、何か大変なことが起こる、とふと思ってしまうことがある」


ちょうど最近その体験をし、その時に、心臓がドキドキするという身体の反応に気づいたので、これもトラウマなのかな?と思ったことがワークにかけたきっかけ。


結果、トラウマでした。



「トラウマなのかな?と思うということは、同じような感覚になる体験をしたことがあるんですね?」と言われ、「はい」と答えました。

それは、夫の不倫が発覚した瞬間の感覚と同じでした。


トヨ子さんとの対話から、当時の感覚を思い出し、身体の感覚を話し始めたとたん、涙が自然と溢れこぼれました。

ポロポロ、こぼれる涙。

身体は瞬時に、あの時の感覚を再現したのです。

その場にうずくまり、肩をすぼめ、身体全体を震わせながら、小刻みに泣き続ける私。

こんなにもあの頃の体感をリアルに感じるなんて、、

もう夫の不倫はギフトでしかないと心底思えているのに、自分でもびっくりで、

それをトヨ子さんに伝えたら

「身体はまだ未完了なんですね」と。


「あ~、、そうか~、、」と、

その言葉に妙に納得し、反応している私がいて、

私の心身はふっとゆるみ、さらに泣いている私がいました。


それは、私の身体が、「やっと気づいてくれた」という反応だったのだと思います。


ずっと泣いているのだけど、

「泣くのを止めていますね?」とトヨ子さんに言われ、

泣いているのだけど、背中を丸め、胸元、喉元をキューっと閉めて泣いていることに、私は気づきます。


子どもの前では泣かないようにと自分を止め、明るく元気な母を演じていたこと

夫の前でも泣かないようにと自分を止め、良い妻、良い女であるよう頑張っていたこと

それらが思い出され、その時、身体でこうやって止めていたんだ、と気づきます。


私はあの頃、いろんな場面で泣いてきたけど、ちゃんとは泣けていなかったのかもしれません。



泣いていたら、だんだんと身体が重くなっていき、肩がすごく重くなっていきました。

「その肩は、なんて言っている?」と聞かれ、

答えた言葉は、「私が悪い」、でした。


「私の肩は、私が悪い、と言っています」

「私が悪い」「私が悪い」

そう何度も言うたびに、どんどん重くのしかかってくる肩。

それは、罪悪感、だと感じました。


「私がちゃんとしなかったから」

「私が育児に専念しすぎて、旦那さんをかまってあげなかったから、こうなった」

「私がかまってあげなかったから、旦那さんは寂しくなって外にいってしまった。だから私が悪い」

そんな言葉が、涙と共に、どんどん口をついて出てくる。


そして、相手の女の人に言われた言葉を思い出します。

「奥さんが、旦那さんをちゃんと掴まえてなかったからこうなったんですよね?奥さんがちゃんとしてなかったから、奥さんが悪い」


あの頃の私は、その言葉に何も言い返せませんでした。

全くその通りだと、そのままの言葉を受け容れました。


「私が悪い」


自分でもそう思っていたからです。

そうやって自分を責めていたからです。


「私が悪い」って、こんなにも思っていたなんて、、自分でもびっくりでした。。


今の私の頭と心は、「どちらも悪くない。お互いさま」と理解しているし、納得もできている。

でも、身体は、違ったんですね。

今も「私が悪い」って感じ続けていたんですね。

まだ身体は、終わってはいなかったんです。



「私は悪い」「私は悪くない」

座布団でのエンプティーチェアを体験。


両方を行き来する中で印象的だったのは、

「私は悪くない」に座ったら、背筋は伸びるし、すごく強気になれたことw

そして、「私は悪い」に座ったら、背中は丸くなり、声は小さくなるし、気づいたら両手を床につけ前かがみになっていました。

「そのポーズは何?」って聞かれたけどわからなくて、一旦保留にしたのだけど、

エンプティーの次のターンに来た時、

朝、家族みんなを見送り、私一人になったら、やっと泣けていたことを思い出しました。

玄関でひとり泣いていた時、この姿勢で、ひれ伏して泣いていたなぁと。

そしたらまた出てくる出てくる、大量の涙。。


そして、その姿勢がトヨ子さんには「謝っているようにも見える」と言われ、ハッとする。

そうかもしれない。

「私が悪い」、そう思っている身体が、それを表現しているのかもしれない、としっくりきた。

そこまで、私は私を責めていたの、、?

その事実にも泣く、、、


「私は悪くない、って言ってみて?」

そう何度も言われ、

「私は悪くない」って言うたびに、溢れる涙。

「私は悪くないの?」って何度も泣きながらトヨ子さんに確認し聞いている私がいました。


「あなたは悪くない」

トヨ子さんは、何度も言ってくれました。

そのたびに、「そうなの?」って泣いてしまう私。


どんだけ、私の身体は、「私が悪い」って信じてきたんでしょうね?w


でも、だからか~って別の意味で人生のあれこれが繋がり、納得している自分が、今ここにいます。



「私が悪い」「私が悪くない」のエンプティーは、どちらの場所も心地よくなくて、

私から「ふたつの真ん中に座りたい!」って言っていました。


真ん中に座ったなら、呼吸が楽にできて、肩は軽くなり、足も自然に伸ばしていたし、身体全体でゆるむことができた。ホッと安心できた。笑顔になれた。

身体はやっぱり正直ですね。


私は、やっぱり、真ん中がいい。

私は、真ん中で生きることが心地よいんだ、と再確認。


その心地よさを、十分に味わう時間があって、

トヨ子さんに「私は悪くない、って言ってみて」と言われ、もう一度、言ってみる。

さっきまでは、言わされている感だったり、違和感があったりしたのだけど、この時は、すんなり、楽に言えたのです。


「私は悪くない」


それは、怖い私に偏っているエネルギーではなくて、

真ん中のエネルギーからの言葉だと、自分で感じました。

ニュートラルで、透明で、凛としていて、とても自然なエネルギー。


またもや、涙が溢れました。


でもその涙は、今までの涙とは違いました。


嬉しい涙。さわやかな涙。ありがとうの涙。

それはまさに、人生に歓喜している涙(この表現は大げさではない。マジでそんな感覚になった)

身体いっぱいで、身体全体で、それらを感じている涙。

罪悪感から解放された歓び、だったのかな。


溢れまくる涙と鼻水をティッシュでおさえ、ぐしゅぐしゅ泣きながらw

「私は悪くないんだ~」って思わず呟いていました。

それは、身体の声だったように思います。






そう、あなたは悪くない。

あなたは悪くないよ。


ずっとずっと、抱えて生きてきたんだね。

苦しかったね。辛かったね。

ずっとずっと、そうやって、私のことを守ってきてくれてありがとう。


あなたは悪くない。







「私が悪い」と「私は悪くない」の座布団を重ねて、座ってみる。

ふたつが統合されていくのを感じる。

みるみるニュートラルになっていく感覚。じわじわ、とても心地よくなっていく。

自然と、身体も楽になっていて、顔がゆるみ、ほころんでいるのも感じていました。


「歩いてみましょうか」と言われ、トヨ子さんと一緒に歩いてみる。

床を踏みしめるたびに、今ここを感じる。だんだんと現実に還ってくる。

私は今ここを生きている。今ここの私は幸せに生きている。そんな感覚になる。

「ジャンプしてみましょうか」と言われ、トヨ子さんとジャンプしてみる。

トヨ子さんが私の真似するから可笑しくなって笑っちゃったw


そして

「みんなに「私は悪くない。私は今晴れやかです」と言ってみましょうか」と言われる。

周りのみんなの顔を見ると、みんな優しい眼差しで私を見てくれていました。

ただ静かに、ただじっと、私のことを見守ってくれていました。

今日の風船のワークの感覚を思い出しました。

ここに繋がるか、、と、感動、、、、

「みんな優しいから泣く~」って言いながら、また泣きましたw

みんなの前でどんだけ?って言うほどに泣きました。

喉をひらき、ハートをひらき、お腹から吐き出すように、、こんなにちゃんと泣いたのは、安心してホントウに泣けたのは、初めてかもしれません。

まさにグループダイナミクスを体験、体感。


見守ってくれていた千恵子さんに「私は悪くない。私は今晴れやかです」って言ったら、

千恵子さんが「あなたは悪くない。辛かったね、よく頑張ってきたね。私も泣きそう、、」って泣いてくれました。

千恵子さん、ありがとう。

すごくすごく嬉しかった。。


そして、トヨ子さん、涙涙涙~wのトラウマワーク、、ありがとうございました。

身体の、未完了の感情に気づいてあげることができて本当に嬉しかった。感謝しかないです✨



ワークが終わっての、みんなからのフィードバックまとめ。

「涙をぐっとこらえて泣かないのはカッコいいけど、身体にとってはしんどいよね。それをよく観れて、体感しました」

「身体の未完了の感情が完了されていくと、こんなにも身体も表情もエネルギーも変わるんだ~!と体感できました」

「一言だけ言いたい。あなたは悪くない。なにも悪くない。」

「今日、黒ではなく青の洋服を着てこられたように、今日ここでワークを受けるのは必然だったように感じていて、だからこそ、向日葵のお洋服を着てこられた気がします。みきさんの内側から、向日葵のような光が溢れているのを感じます。その経験があったからこそ、向日葵のような光が放たれているのだと感じます。」

「向日葵は、太陽の光をいっぱいに浴びて育つ。そして向日葵は、その太陽の光のように、みんなを明るく照らすイメージ。今のみきさんはまさにそのように見えます。そういう風に生きて行かれる人なんじゃないかな。だから今日、それに気づくために、向日葵のお洋服だったのかもしれませんね」

私の気持ちを代弁してくださった方もいらっしゃいました。

みんな「あなたは悪くない」って言ってくれました;;

みなさんにも感謝。

温かく優しく見守ってくださり、ありがとうございました✨


実は今日の写真はワークの後撮ったもの。
よく見たら、目が腫れてるw



実際にトヨ子さんのワークをうけて、あらためて実感しました。


自律神経は常に私を生かそうと守ってくれている」

だから、気づかないんですね、私たちはトラウマに。



「ニュートラルでさえいれば、人は自分の足で立ち、歩いていける」

そんな生き方に気づくのがゲシュタルト。


今ここ、ゲシュタルトに出逢えて本当によかった。


ゲシュタルト、さらに精進します!


そして、必要な方へ、ゲシュタルトセラピーをお届けしたい。


今、私自身がゲシュタルトに出逢い、さらに自分と深くコンタクトでき、自分のホントウに気づき、ぐっと癒され、ホッと楽に、なれているから、

自分のことをさらに愛おしく、自分のことをもっともっと大事にしてあげたいって思えているから、

そんな自分をさらに誇らしく思えているから^^


とりあえず、9月から始まる1年間の学び、ゲシュタルトベーシックコース、楽しみながら精進します♪


「私が悪い」「私は悪くない」の統合✨

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ワタシ開花カウンセラー

神奈川県在住・一男一女の母。

公立小学校教員として10年間勤務の後、流産を機に退職。

専業主婦として子育てに専念する日々。ごく普通に幸せだった日常にまさかの出来事が起こる。それは人生最大の困難ともいえる夫婦の危機だった。

その事象をきっかけに、パートナーシップ・アドラー心理学・潜在意識・脳科学・量子力学・カウンセリング等を学ぶ。

学び知ったことを実践し行動し様々な気づきを経て、人生最大の困難からたくさんのギフトを掴むことができた。

その経験を生かし、2016年5月から、夫婦問題で苦しんでいる女性のためのカウンセリング、ELM講座等を始める。

2018年10月、日本アマナ性共育協会を卒業。アマナティーチャーとして、大人の女性向け性共育講座・親から子への性共育講座を開催する。

実践型性共育講座アマナレッスンでは「心と身体で繋がる、愛し愛されるパートナーシップを」「性を知ることは、命を肯定し輝かせること」をモットーに、リアルな体感を伴うレッスンで性・セックスに悩む女性をサポートしてきた。

タントラの世界でさらなる性の探求、1年間にわたり「ひとり恋愛」を実践し、男性性・女性性の統合「ふたりでひとつ」「すべてはワタシ」を体感する。

2020年12月。今までの学び、気づき、体験の集大成としてオリジナルプロブラム「女神Mind&Bodyメソッド」を創造。

「女神Mind&Bodyメソッド」では、
『頭』『心と身体』『魂』三位一体にバランスよくアプローチをし「つながり」「体感」を大事にしながら、あなたのホントウをひらきます。

『様々な「しばり」から解放され、自由に、軽やかに、個を生きる』
そう望んでいるあなたのチカラに、ひとつのきっかけに、私がなります。

共に、生きましょう。


*アドラーカウンセラー養成講座修了
*アドラー心理学勇気づけELMトレーナー
*愛と勇気づけの親子関係セミナーSMILEリーダー
*日本アマナ性共育協会オーナーズプログラム修了
*NLPマスタープラクティショナー
*だいじょうぶカードメソッドマスター

コメント

コメントする

目次